家庭教師ならば、これだけは守れ!


by kigfv1cwln

スカイマーク安全監査へ、高度ミスなど続発(読売新聞)

 航空会社スカイマークで、副操縦士が飛行中の操縦室内で客室乗務員らと記念撮影を繰り返したほか、管制官の指示よりも高い高度で飛行するなど問題が相次いでいることを受けて、国土交通省は15日午後、特別安全監査に入ることを決めた。

 航空法に基づく措置で、通常の監査より長期間にわたって詳細な調査を行うという。

 11日にも国交省が監査に入っており、相次ぐ国交省の立ち入りは異例だ。同社への安全監査は、2008年6月、パイロット不足を理由に大量の運休便を出した問題でも実施されている。

 スカイマークは今月に入ってから、西久保慎一社長と井手隆司会長が、安全のため客室乗務員の交代を求めた機長にそのまま運航するよう命じたとして、国交省から厳重注意を受けたほか、同社の副操縦士が飛行中の操縦室内で、客室乗務員らと記念撮影を繰り返していた問題も発覚。この時に撮影された写真では、機長と副操縦士がともに、進行方向や計器類に背を向けた状態でピースサインをしていたため、前原国交相が厳しく非難していた。

 さらに、今月11日には、新千歳発羽田行きの便で、2度にわたり管制指示を受けていたにもかかわらず、同機が一時、指示よりも約1950メートル高い高度で飛行していたことも判明。自動操縦装置に5〜6地点での高度をあらかじめ入力する必要があったが、入力を忘れた地点があったという。

子ども手当 母親のホンネ 歓迎、家計が助かる/不安、将来しわ寄せ(産経新聞)
強風でバッグネット倒れ母子が下敷き 神奈川(産経新聞)
目の特徴逃さず 上野の雑踏で手配の男逮捕(産経新聞)
覚せい剤所持容疑 「JAYWALK」のボーカリスト逮捕(毎日新聞)
「密約」長期間認めず遺憾=外交文書公開の対策本部設置−岡田外相(時事通信)
[PR]
by kigfv1cwln | 2010-03-17 19:02